日立が米ソフト開発企業買収 ビッグデータ分析
600億円

2015/2/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立製作所は天候や工場の稼働率など膨大な情報を集めたビッグデータの分析ソフトを開発する米ペンタホ(フロリダ州)を約600億円で買収する。同社はデータを効率よく集め、専門家以外でも分析結果を生かせるように、分かりやすく見せる技術を持つ。日立は鉄道やエネルギーなどインフラ関連に力を入れており、強みであるIT(情報技術)との融合を加速させて競争力を高める。

米子会社を通じて投資会社などからペンタホの株…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]