/

この記事は会員限定です

ソニー平井社長「エレキ再生、スマホ改革で3年目の仕上げ」

[有料会員限定]

ソニーの構造改革が正念場を迎えている。スマートフォン(スマホ)事業で減損損失を計上し、中期経営計画を見なおすほか、上場以来初の無配も決めた。平井一夫社長兼最高経営責任者(CEO)は「やりきる」と断言した構造改革について「3年目の仕上げに入った」と述べ、エレクトロニクス事業の再生への決意を示した。主なやりとりは以下の通り。

――中核事業に位置づけ、拡大戦略を掲げていたスマホ事業を利益重視に転換した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1475文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン