/

近鉄、阿部野橋と飛鳥・吉野結ぶ観光特急 16年秋から

近畿日本鉄道は10日、南大阪線・吉野線に新しい観光特急を2016年秋に導入すると発表した。高さ日本一のビル「あべのハルカス」がある大阪阿部野橋駅と、古代の遺跡や桜の名所で知られる飛鳥・吉野エリアを約1時間20分で結ぶ。「大阪から手軽に行ける非日常空間」として上質感ある車両デザインとし、50代以上などの利用を見込む。

3両編成で座席数は70程度。2号車はホテルのラウンジをイメージした内装とし、沿線特産のブドウやイチゴを使ったスイーツや地酒、ワインなどを販売するバーカウンターを設ける。

通常の特急料金510円(大人)と普通運賃に加え、210円の特別車両料金がかかる。停車駅は通常の特急と変わらず、原則として週6日、1日2往復で運行する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン