/

日経の14年12月期、売上高4.4%増 純利益10.0%減

日本経済新聞社が10日発表した2014年12月期の連結決算は、売上高が3006億4700万円(前の期に比べ4.4%増)と4期ぶりに3千億円を超えた。電子版を含むデジタル収入や広告収入が伸びた。純利益は10.0%減の102億5900万円。

単独決算は売上高が1704億1300万円(0.4%増)、税引き利益は77億6900万円(18.4%減)だった。英文媒体「Nikkei Asian Review」関連でアジア地域での先行投資を拡大したことや、システム更新に関する一時的な経費の増加などが影響した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン