PALTAC、埼玉の新物流施設を公開

2015/7/10付
保存
共有
印刷
その他

■PALTAC 10日、埼玉県白岡市で8月に稼働する新物流施設「RDC関東」を公開した。敷地面積は約2万7000平方メートルで、投資額は同社最高水準である115億円となる。外国人観光客の増加などで物流量が増える首都圏のドラッグストアやスーパーからの物流受託を目指す。首都圏での物流拠点は4つに増え、取り扱い能力は約3割増える。

新施設は東北自動車道と首都圏中央連絡自動車道(圏央道)が交差する場所にあり、メーカーが納入した日用雑貨や化粧品など約2万5000種類の商品を発送する。納入から出荷までほとんどの工程を自動化した。年間800億円程度の商品の出荷をする計画だ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]