イオン、PBの主力30品目値下げ 5~30%

2016/11/10 20:24
保存
共有
印刷
その他

イオンは10日、プライベートブランド(PB)の主力30品目を値下げすると発表した。下げ幅は5~30%程度。第三のビールやサーモンなど、売り上げ規模の大きい商品を中心に11日から順次下げる。6000品目あるとするPBは全品、来年夏までに品質を見直し、てこ入れする。

食品、トイレットペーパーなどの日用品を値下げする。年商250億円あるという第三のビール「バーリアル」は、350ミリリットル缶の場合で1本88円(税別、以下同)から78円、スモークサーモンは398円を298円にする。218円の各種冷凍野菜は198円にする。

値下げによる販売量拡大で、工場の生産効率を高めるなどして値下げ原資を捻出する。

PB「トップバリュ」の約6000品目は、モニター調査で一定評価を得たものだけを販売するなどして見直す。1兆円としてきたPBの売り上げ目標は、「品質見直しが終わった後に再度設定する」(グループ商品担当の柴田英二執行役)方針だ。

トップバリュのグループ売上高は2016年3~8月期に3605億円で、前年同期比5%減。上期として初めて2年連続で減少した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]