トイレ、もう待たせない IoTで空きを即確認

2017/7/10 15:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

急におなかが痛くなりトイレに駆け込んだら空きがない――。こんな"トイレ難民"にとって、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術が救世主になるかもしれない。スマートフォン(スマホ)などを使って駅やオフィスの個室トイレの空き状況を知ることできるサービスが相次ぎ登場。利用できるのはまだ一部の施設に限られるが、今後は公共施設やレジャー施設などにも導入が広がっていきそうだ。

■新宿駅のトイレ、アプリで空

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]