/

この記事は会員限定です

トイレ、もう待たせない IoTで空きを即確認

[有料会員限定]

急におなかが痛くなりトイレに駆け込んだら空きがない――。こんな"トイレ難民"にとって、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術が救世主になるかもしれない。スマートフォン(スマホ)などを使って駅やオフィスの個室トイレの空き状況を知ることできるサービスが相次ぎ登場。利用できるのはまだ一部の施設に限られるが、今後は公共施設やレジャー施設などにも導入が広がっていきそうだ。

新宿駅のトイレ、アプリで空き確認

小田急電鉄は6月7日、小田急線新宿駅の一部の個...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン