/

スポティファイが定額音楽配信 日本で一般向け

スウェーデン発祥でインターネットの音楽配信サービスの世界大手、スポティファイは10日、日本で定額配信サービスを一般向けに始めると発表した。従来は音楽関係者などを対象に利用者を限定していた。サービスプランはこれまでと同様の広告表示がある無料版と、月980円の有料版から選べる。

記者会見するスポティファイ日本法人の玉木一郎社長(東京都港区)

スポティファイは手軽な無料版で大勢の利用者を取りこんでから、有料版への乗り換えを促す「フリーミアム」が特徴だ。無料版は15~20分に1回のペースで曲の間に広告が流れ、使い勝手が悪くなる。有料版では広告が表示されなくなるほか、高音質の音楽が流れるなどサービスが向上する。

同日、都内で開いた記者会見でツイッターと連携した新サービスを発表した。スポティファイで視聴中の楽曲やアルバムなどをツイッターで表示し、友人と共有することができる。ツイッターの画面にはシェアした楽曲がアイコンとして現れ、アイコンをタップすると、30秒間視聴することができる。スポティファイ日本法人の玉木一郎社長は「音楽を共有する楽しさを感じてもらいたい」と話した。

音楽配信は昨年から参入が相次いでいる。サイバーエージェントとエイベックス・デジタルは共同で定額制音楽配信サービス「AWA(アワ)」を始めたほか、LINEや米アップル、米グーグルもサービスを提供する。

しかし、日本では消費者が定額制になじみが薄く、利用者の拡大が思うように進んでおらず、アワは今月7日に無料プランを拡充した。スポティファイの一般公開によって、定額音楽配信サービスの競争はより一層激しくなりそうだ。(長江優子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン