キユーピー、卵白由来の除菌剤を開発 ノロ対策狙う

2016/1/10 23:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

キユーピーは卵白に含まれる酵素を配合したアルコール除菌剤を開発した。一般的なアルコールスプレーが効かないノロウイルスの働きを抑える効果があるとされ、外食や食品加工向けの業務用商品の販売を始めた。2018年度に5億円の売り上げをめざす。家庭用の販売も検討している。

マヨネーズの原料となる鶏卵成分の機能を研究する過程で「卵白に含まれるリゾチームという酵素を加熱するとノ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]