/

この記事は会員限定です

腰上げたパナソニック 人事・賃金を10年ぶり改革

[有料会員限定]

パナソニックは9日、約10年ぶりに人事・賃金制度を見直すと発表した。長期雇用を重視し処遇にあまり差をつけない「日本型雇用」を維持してきたが、賃金の年功要素の原則廃止に踏み切る。あわせて部課制を復活させる。目標とする売上高10兆円の達成には事業の一層の強化は不可欠で、M&A(合併・買収)を含めた未知の領域での戦いも予想される。組織面でのテコ入れが急務と判断した。

「これまでの延長線上でなく非連続な発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン