/

この記事は会員限定です

「政冷」代償大きく、経済も安保も機会逃す

日韓50年・中

[有料会員限定]

「日本のお客さんは3年前の半分だよ」。ソウル中心部、明洞(ミョンドン)にある化粧品店店長、金連淑(キム・ヨンスク)さんはため息をつく。円安ウォン高に日韓関係の悪化が重なり日本からの客足は遠のいた。今なお来店するのは40~60歳代の熱心な韓流ファンの女性ぐらいだ。日本市場のマッコリや焼酎も「売り上げが年々減っている」(真露)。

2012年に李明博(イ・ミョンバク)前大統領が竹島(韓国名・独島)に上陸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り997文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン