北陸新幹線の増収効果、想定の2倍以上 JR西日本

2016/3/10 0:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西日本旅客鉄道(JR西日本)は9日、3月14日に開業1年を迎える北陸新幹線の初年度の増収効果が想定の2倍以上の265億円超になることを明らかにした。JR西の運営区間である上越妙高(新潟県)―金沢(石川県)間の乗客数は開業前の在来線の約3倍となる見込みだ。

JR西の堀坂明弘取締役が日本経済新聞の取材に答えた。上越妙高―金沢間は在来線のときの運賃収入が年170億円。北陸新幹線では開業3年目の運賃収入…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]