/

東芝、WDに「妨害停止」求める 半導体売却巡り書簡

半導体メモリー事業の売却を急ぐ東芝が、生産面で協業する米ウエスタンデジタル(WD)に反論する書簡を送っていたことが9日、わかった。東芝に入札手続きの停止を求めているWD側に対し、東芝側は売却する権利があると主張した。両社は合弁契約の解釈を巡って対立し、同事業の売却手続きが遅れている。

東芝は3日付でWDに書簡を送付した。

WDは2016年5月に米サンディスクを買収した際に、東芝との提携関係を引き継いだ。サンディスク買収時にWDは東芝との合弁契約にサインしていないと東芝側は主張。15日までに入札に関する「妨害行為」を停止しなければ、東芝とWDで共同運営する四日市工場(三重県四日市市)からWDの技術者を閉め出すと警告した。

東芝が売却手続きを進める入札では、WDのほか同業の韓国SKハイニックス、米ブロードコム、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が買収候補として残っている。米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)と官民ファンドの産業革新機構も名乗りを上げている。

WD側は4月の書簡で入札手続きの即時停止と独占交渉権を求めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン