2019年2月17日(日)

アップル・サムスンのスマホ2強、16年は初の出荷減
中国メーカーの台頭で

2016/5/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界のスマートフォン(スマホ)市場の2強、米アップルと韓国サムスン電子の年間出荷台数が2016年に初めて減少に転じる見通しだ。技術が成熟して機能面の違いが出しにくくなるなか、低価格を特徴とする中国のスマホメーカーがシェアを伸ばす。日本の部品メーカーも中国勢への売り込みを強めており、スマホ市場の競争環境が大きく変わろうとしている。

米IHSテクノロジーなどの調査会社や証券会社の市場予測に、部品や製…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報