/

喜び・恐れを脈拍で察知 NTT西、機器握るだけで計測

NTT西日本は9日、脈拍や心電図などの情報から心理状態を推測するサービスを始めると発表した。クラウドで情報を解析し、喜びや恐れといった感情を推測する。まず民放大手の毎日放送が10日から大阪市内で開くお化け屋敷にサービスを提供する。センサーを握って見て回ると、どれほど怖かったかが分かるという。医療やスポーツなどの分野でもサービスを提供し、年間10億円の売り上げを狙う。

NTTは握るだけで脈拍を計測できるセンサーやシステムを開発した。愛知県立大学が生体情報から感情を解析するノウハウを提供した。例えば脈拍が急速に上昇して速足になれば、恐怖を抱いていると推測できる。

NTT西の子会社であるNTTスマートコネクト(大阪市)が全国でサービスを提供する。会話の難しい患者の心理状況を推定するなどの用途を想定している。個別に仕様を決めた場合、初期費用は300万~500万円、月額利用料は5万~70万円程度。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン