2019年8月18日(日)

高機能自販機 投資を拡大 コカ・コーライーストは201億円

2015/9/10付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

飲料製造・販売会社(ボトラー)最大手のコカ・コーライーストジャパンは、自動販売機の新設や更新などに対し年内に前年比約2割増の201億円を投じる。消費電力を9割以上減らす省エネ機を増やす。キリンビバレッジも70億~80億円をかけIT(情報技術)対応機を広げる。自販機市場はサントリー食品インターナショナルが日本たばこ産業(JT)から事業を買収するなど陣取り合戦が激しくなっており、各社は最新機の導入を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

訂正>10日0時30分に掲載した「高機能自販機 投資を拡大 コカ・コーライーストは350億円」の記事と見出しで、コカ・コーライーストジャパンの自販機投資額が350億円とあったのは自販機のほか、システムや車両などを含む設備投資計画の金額でした。(2015/9/11 18:47)

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。