/

ダイドードリンコ、社長メッセージ流れる自販機

ダイドードリンコは9日、企業の社員が飲料を購入した際、社長の音声メッセージが流れる自動販売機の設置を始めたと発表した。まず京都のタクシー会社、エムケイの5営業所に設けた。同社の青木信明社長の声で「今日も無事故で安全運転してや」「お疲れさん」など4種類のフレーズが流れる。

従業員をねぎらうフレーズなどを複数録音し、経営者と従業員のコミュニケーションのツールとして売り込む。

ダイドーは同社の全自販機に占める事業所内への設置比率を2019年1月期末に50%まで高める計画だ。方言を話す自販機など「おしゃべり機能」を使った自販機の設置を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン