/

角川・ドワンゴ社長に川上氏 佐藤氏は会長に

KADOKAWA・DWANGO(角川・ドワンゴ)は9日、会長と社長を入れ替える異例の人事を発表した。23日付で川上量生代表取締役会長(46)が社長に、佐藤辰男社長(62)は代表権のある会長に就任する。

同社は先月策定した今後3年間の中期ビジョンで動画や電子書籍、ゲームなどのIT(情報技術)事業を伸ばす計画を打ち出した。川上氏は従来、会長を務めながらも動画サービス「ニコニコ動画」が急速に伸びる子会社ドワンゴの経営に主軸を置いていた。

だが今回、社長に就任することで角川・ドワンゴのデジタル事業を一気に加速し、「ドワンゴ流」の成長力をグループ全体に波及させる役割を担うことになる。

川上 量生氏(かわかみ・のぶお)91年(平3年)京大工卒。97年ドワンゴ設立。14年KADOKAWA・DWANGO代表取締役会長。愛媛県出身。46歳

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン