/

この記事は会員限定です

スーパーは収益悪化 業態超えた再編加速も

[有料会員限定]

好業績が目立つ小売り各社だが、先行きは必ずしも順風満帆とはいえない。総合スーパーの収益が悪化するなど、業態間の格差が拡大している。インバウンド(訪日外国人)や富裕層の旺盛な消費といった"特需"がいつまで続くかは不透明で、業態を超えた再編圧力が強まる可能性がある。

「現時点では不採算で、キャッシュを生めない」。セブン&アイ・ホールディングスの村田紀敏社長は、イトーヨーカ堂の店舗を今後5年で40店閉め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り452文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン