2019年3月26日(火)

iPhone7価格比較、一部でドコモ最安値

2016/9/9 20:21
保存
共有
印刷
その他

大手携帯3社は9日、16日に発売する米アップルの新型スマートフォン(スマホ)「iPhone7」の価格を発表した。KDDI(au)とソフトバンクの料金は横並びで、NTTドコモはキャンペーンを適用すると一部で最安値になる。総務省から端末の「実質ゼロ円」での販売を見直すよう要請されているが、販売現場では値下げが進む可能性もある。

2年契約で購入した場合の
1カ月あたりの実質負担額
(iPhone7、32ギガバイト)
他社からの乗り換え
キャンペーンを適用するとNTTドコモが最安値に
NTT
ドコモ
NTTドコモ
(適用後)
au
(KDDI)
ソフト
バンク
1107円432円450円450円
機種変更
auとソフトバンクが安い
NTT
ドコモ
NTTドコモ
(適用後)
au
(KDDI)
ソフト
バンク
1107円891円855円855円

大手携帯3社は毎月の通信料金を値引くことで、端末の購入代金を補助する料金体系を採用している。

他社からの乗り換えで記憶容量32ギガバイトの機種を2年契約した場合、auとソフトバンクは1カ月あたりの実質負担額を450円とした。一方、ドコモは月1107円と3社で最も高い。ただ、他社からの乗り換えや家族で新たに契約する利用者に対し、期間限定の割引キャンペーンを用意した。キャンペーンの適用後には月432円と最安値になる。

機種変更の場合はauとソフトバンクは月855円。ドコモは891円となる。

総務省の実質ゼロ円の廃止要請を受け、2年契約のiPhone7の総額はいずれも1台あたり1万円以上となった。総額1千円以下で販売されていた前機種までと比べ、状況は一変した。

調査会社のMM総研(東京・港)の横田英明取締役は「総務省の是正指導もあり過激な値下げは抑制されるものの、販売現場での値下げも考えられる」と指摘する。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報