/

コンビニで大学証明書発行 NTT西、15年春からサービス提供

NTT西日本は9日、大学の卒業見込み証明書などをコンビニエンスストアの店頭で発行できるサービスを来年4月から始めると発表した。クラウド上に成績データなどを保管しておき、学生がネットで発行を申請するとコンビニの複合機でいつでも印刷できる。就職活動中の学生のニーズが高いと判断した。

子会社のNTTスマートコネクト(大阪市)と組み、大学に通信環境などを提供。証明書には「電子透かし」と呼ばれる細かい模様を印刷し、偽造を防ぐ。当初セブンイレブンのみで導入し、順次他のコンビニにも拡大する。大学側の設定にもよるが利用者の負担は300円前後とみられる。大学側の初期費用は数百万円で、2019年度までに300大学と契約締結を目指す。

証明書は大学内の専用端末や窓口で発行するため、就職活動などで必要な場合は大学まで行ったり、郵送で受け取ったりする必要があった。大学も専用端末の導入に数千万円のコストがかかっているといい、NTT西では安定した需要が見込めると判断した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン