/

トヨタ系列の部品各社、EV開発を強化

トヨタ自動車系列の主要部品会社が電気自動車(EV)関連の開発体制を整える。AT(自動変速機)世界最大手のアイシン・エィ・ダブリュ(AW)がEVの駆動システムを製品化するほか、デンソーは来年1月にEVやハイブリッド車(HV)の部品に特化した新事業グループを立ち上げる。トヨタや欧州メーカーのEV強化への対応を急ぐ。

アイシンAWの川本睦社長は9日、日本経済新聞などの取材に「モーターやインバーターなどHVシステムの開発で蓄積した技術はEVに活用できる」と述べた。2020年ごろまでにEVの駆動システムを完成車メーカーに供給できるように開発を進める方針を明らかにした。従来のHVだけではなくEVも含めた開発体制に移行する。

デンソーは新組織に、プラグインハイブリッド車(PHV)向けも含めて車の電動化に関係する部品の開発・製造を集約する。主にエンジン部品などを手がけるパワトレイン事業グループから電動化の関係部門を切り出す。スズキ向けの減速時のエネルギーを使い蓄電する「エネチャージ」なども含まれる見通しだ。

トヨタは今月、デンソーやアイシンAWの親会社のアイシン精機豊田自動織機からの出向者を加えて「EV事業企画室」を設立し、EV量産に向けて動き出した。グループ各社はトヨタと一体的に開発に取り組むのと同時に、市場の拡大が見込まれるEV関連の技術を磨く。グループ外の完成車メーカーとの取引拡大にもつなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン