2019年6月25日(火)

木造5階建てビル、新潟に 山形のシェルターが着工

2016/12/9 19:52
保存
共有
印刷
その他

木造建築のシェルター(山形市)は9日、新潟市で日本初となる木造5階建てビルの建設が始まったと発表した。5階建て建設のためには建築基準法上、1階を2時間耐火にする必要がある。シェルターが開発し、国土交通相の認定を取得した2時間耐火部材が採用された。

木造5階建てビルはマンションで総戸数15戸。新潟市で大和不動産(新潟市)が建築する。延べ床面積742平方メートルで、高さは16.89メートル。来年8月に完成する予定。

シェルターは2014年、柱など2時間耐火部材を開発、国交相の認定を受けた。耐火部材は中心部の木材を石こうボードで囲み、さらに外側を木材で覆うサンドイッチ構造。法律上、最大14階建てまで建設でき、地域の木材を使った中高層建築が可能になる。

木造建築による木造都市をめざすシェルターと、林業再生・里山再生のため木造高層化と大規模化をめざす大和不動産が組み、木造5階建てマンションを建てることになった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報