2019年1月20日(日)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,666.07 +263.80
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,630 +280

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

1月18日(金)14:20

年金額0.1%増に抑制 マクロ経済スライド発動[映像あり]

統計不適切調査による予算修正案を閣議決定

1月18日(金)13:00

[PR]

M&Aニュース

フォローする

味の素、バイオベンチャー買収 医薬品の受託製造・開発を強化

2016/12/9 16:25
保存
共有
印刷
その他

味の素は9日、バイオベンチャーのジーンデザイン(大阪府茨木市)の全株式を取得し、完全子会社化すると発表した。高品質の核酸製造技術を持つジーンデザインを買収することで、味の素の医薬品の受託製造・開発事業を強化する。

ジーンデザインは、2000年に創業したバイオベンチャーで、核酸医薬品の開発・製造受託を手がけている。2015年度の売上高は7億円。取得額は非開示だが、十数億円程度とみられる。12月下旬をメドに、ジーンデザインの発行済み株式の95%を味の素が、5%を子会社の味の素オムニケム(ベルギー)が取得する。

味の素もオリゴ核酸製造技術を持ち、高い医薬品の製造機能を持つ。ジーンデザインが持つ技術とシナジー効果が期待できるとして、買収を決めた。

ジーンデザインが技術で強みを持つ核酸医薬品は、遺伝子の本体であるDNAなどを薬効成分とする医薬品で、これまでの低分子医薬や抗体医薬が標的とすることができなかった遺伝子に直接作用できることが特長。

現在、ガンや遺伝性希少疾患などの領域が開発されている。副作用が少ない次世代医薬品として期待されており、今後も市場の成長が見込まれている。

味の素は13年にも米バイオ医薬品企業のアルテア・テクノロジーズ(現・味の素アルテア社)を160億円で買収するなど、医薬品の製造受託事業を強化している。

M&AニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム