/

この記事は会員限定です

丸紅、ミャンマーで最先端火力発電所 タイにも送電

[有料会員限定]

丸紅はタイの国営エネルギー会社と組み、ミャンマーで最先端の石炭火力発電所を建設する。総事業費は約3500億円で発電能力は200万キロワットと、現地発電所の合計能力を上回る。電力不足に悩むミャンマーの電力需要に応えるとともにタイにも送る。近隣諸国への電力輸出はミャンマーの経済力の底上げにもつながりそうだ。

タイ石油公社(PTT)とタイ発電公社(EGAT)、ミャンマーの建設会社などと合弁会社を設立し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り626文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン