/

NTTドコモ、賢いバス開発へ AIでルート柔軟に変更

NTTドコモは9日、人工知能(AI)の技術を活用した「賢い」バスを開発すると発表した。乗りたい人の数やいる場所などに応じて、AIが最適な運行時間やルートを導きだし、柔軟に変更する。決められた経路を時間通りに走るよりも効率がよく、便利にもなるという。過疎化が進む地方都市などでの導入を狙っており、2018年度中の実用化をめざす。

東京都江東区。サラリーマンがスマートフォン(スマホ)で乗車希望を伝えると、数分後に小型バンが登場した。車内には先客が乗っている。駅に向かうと、途中でまた別の人から「乗りたい」との連絡が車内のタブレット(多機能携帯端末)に届く。運転手はハンドルを切り、もう一人乗せてから走り出した――。

ドコモが9日報道陣に公開した活用イメージだ。今回のサービスはベンチャー企業の未来シェア(北海道函館市)との共同開発。携帯電話の位置情報などから人の動きをAIで予測するドコモの技術と、タクシーなどの配車効率を高める未来シェアの技術を持ち寄る。

具体的には、乗車希望者の人数と場所、時間の情報を集め、AIが最適な運行時間とルートを決める。追加の乗車希望が入ればリアルタイムに見直し、運転手に報告する仕組みを目指す。利用者は事前予約が不要で、乗りたい時にスマホを操作するだけでよい。

模擬実験に同席したドコモの谷直樹IoTビジネス部長は「便利になるだけでなく、乗客が少ないバスを定期運行だからと走らせる必要がなくなり、バス会社の経営改善にもつながる」と力を込めた。

ドコモによれば、国内のバスの乗客はピーク時よりも約6割減り、大都市以外では約9割のバス会社が赤字という。利用客がいない→運行本数が減る→不便になりさらに利用客が減る――という悪循環に陥りがちで、過疎化がさらに進む恐れも出ている。

一方で、高齢者が増えており、公共交通機関のニーズは高まっている。「運転手などの人手不足が深刻になる一方、公共交通に頼る人が増えるアンマッチをAIで解決したい」。ドコモの古川浩司取締役常務執行役員は話す。このシステムを応用すれば、物流の効率化も実現できるとみる。

両社は年内にも、旅行会社やタクシー会社と協力して実証実験を始める。ドコモは自動運転技術の開発にも乗り出しており、自動運転バスを効率よく運行するシステムを探っていく考えだ。

(大和田尚孝)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません