西日本悩ます黄砂を毎日予測 気象庁、改良重ね精度向上

2017/5/9 11:03
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 中国からやってくる黄砂の季節がまたやってきた。6日に今年に入って全国で初めての黄砂が福岡市で観測され、8日も西日本を中心に観測されている。平年は4月が黄砂のピークだが、今年は後ズレしており5月中旬以降も飛来が続く可能性がある。黄砂は風の影響などによって動きが複雑に変わり予測が難しいが、気象庁は独自モデルを使って数日先までの予測を毎日出している。健康被害を避けるためにも、予測をうまく活用することが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

黄砂気象庁

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 9:59
2:00
東京 9:42
1:00
信越 2:00
2:00
東海 4:00
4:00
北陸 2:00
2:00
関西 11:00
9:42
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
9:41
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報