/

東京メトロとヤマト、地下鉄での宅配便輸送実験を公開

東京地下鉄(東京メトロ)とヤマト運輸は9日、地下鉄で宅配便の荷物を輸送する実証実験を公開した。東京メトロの新木場車両基地(東京・江東)で有楽町線の回送列車に宅配便の模擬荷物を積み込んだ。宅配便はトラック運転手の不足が懸念されており、鉄道で貨物輸送の一部を代替する可能性を探る。

10月15日まで計10回を予定する実験には有楽町線と相互直通運転をする東武鉄道、佐川急便と日本郵便の宅配便大手2社も参加する。新木場車両基地から埼玉県の車両基地まで荷物を輸送するほか、都心部にある有楽町線の新富町、銀座一丁目、有楽町の各駅で地上に搬送する実験を行う。

道路渋滞の緩和や二酸化炭素(CO2)排出を削減する効果も狙う。実験を通じて旅客輸送への影響や安全性、設備面の課題を検証する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン