日米韓連合、東芝半導体買収後も資金 WD対抗で追加案

2017/9/9 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝の半導体メモリー子会社「東芝メモリ」の売却交渉で買い手側の攻防が激しくなっている。米投資ファンドのベインキャピタルが主導する日米韓連合は買収後の資金支援を東芝側にアピール。資金力のある米アップルを引き入れて優位に立とうとする各陣営の動きも活発になってきた。

東芝メモリの買収戦は米ウエスタンデジタル(WD)と米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)のWD陣営、ベインに韓国SK…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]