伊藤忠など、東欧発電所向け環境装置を受注 300億円で

2017/9/9 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤忠商事と火力発電機器の三菱日立パワーシステムズ(MHPS)などは、東欧のセルビアで火力発電所向けに世界最大規模の排煙脱硫装置を供給する。受注額は約300億円とみられる。セルビアでは環境対応の設備需要が増えるとみており、受注を契機にビジネスを広げたい考えだ。

首都ベオグラード近郊にあるニコラ・テスラ火力発電所に設置する排煙脱硫装置を受注した。二酸化…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]