/

ソフトバンク、米グーグルからロボVB2社買収

(更新)

ソフトバンクグループは9日、米グーグルの持ち株会社アルファベットからロボット開発のベンチャー2社を買収すると発表した。ソフトバンクはヒト型ロボット「ペッパー」を展開している。ソフトバンクの孫正義社長はスマートロボを今後の重点分野に挙げており、2社の買収で新型ロボの開発を加速させるとみられる。

買収するのは米ボストン・ダイナミクスと、東京大学発ベンチャーのSCHAFT(シャフト)の2社。買収額は明らかにしていない。両社にはトヨタ自動車も関心を示し、昨年にグーグルと買収交渉していたが、ソフトバンクが競り勝った格好だ。

ボストン・ダイナミクスは1992年に創業。米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)の支援を受けて二足歩行ロボの開発などを進めてきた。2013年にグーグルが買収したが、開発の方向性などを巡って対立。グーグルが売却を模索していた。

SCHAFTも二足歩行ロボを開発し、DARPAが主催する災害救援ロボの大会で注目を集めた。

ソフトバンクは仏アルデバラン・ロボティクスを12年に買収し、同社の技術を活用してペッパーを15年に商品化した。ソフトバンクはペッパーの開発段階で二足歩行の技術を得るため、「ASIMO(アシモ)」を手掛けるホンダに提携を持ちかけたが交渉が不調に終わった経緯がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン