/

すかいらーく再上場、時価総額2219億円 MBO前には届かず

2006年にMBO(経営陣が参加する買収)で上場廃止したすかいらーくが8年ぶりに再上場した。初値は公開価格と同じ1200円。初値より5%安い1143円で取引を終え、記者会見で谷真社長は「(市場に)評価はしてもらえた。企業規模に合った出店で成長する」と語った。

終値で計算した株式の時価総額は2219億円となり、外食業界ではトップの日本マクドナルドホールディングスに次ぐ規模。ただ、上場廃止直前の時価総額2944億円には及ばなかった。

11年から経営に参画した米投資会社ベインキャピタルは上場後も筆頭株主として発行済み株式の6割超を持つ。谷社長は「突如として売却することはない」と話したものの、市場には「株価が上がると、ベインによる売却が意識される」(いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員)との見方があった。

14年12月期の連結売上高(国際会計基準=IFRS)は前期比2%増の3378億円、純利益は34%増の94億円を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン