/

この記事は会員限定です

iPS膵臓細胞を自動培養 アークレイなど装置

[有料会員限定]

医療機器メーカーのアークレイ(京都市)と京都大学再生医科学研究所は、iPS細胞由来の膵臓(すいぞう)の細胞を自動で培養する装置を開発した。大量に作れるようになれば、糖尿病の治療に役立つ可能性がある。まず3年以内に研究用の機器として実用化を目指す。

iPS細胞はさまざまな細胞に分化させることができる。アークレイは京大の研究成果を基にiPS細胞から膵臓の組織の一部である膵島(すいとう)細胞を効率的に培...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り346文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン