がんの検査、放射線画像や血液で判定

2016/1/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

▼がんの検査 がん診断のための検査には放射線や超音波などの画像を使うほか、血液検査、細胞の一部を切除し顕微鏡で観察する方法もある。患者の負担が少ない検査の一つは血液の採取で、前立腺がんは血液中のたんぱく質の量を調べる「PSA検査」が普及。血液のほか唾液や尿、呼気などの物質を調べる技術が開発途上だ。

エックス線を使い人体を輪切りにした画像でがんを見つけるコンピューター断層撮影装置(CT)は脳腫瘍や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]