/

東芝、メディカル売却後も協力関係 来週にも入札手続き開始

東芝は8日、売却方針の医療機器子会社、東芝メディカルシステムズについて、売却後も売却先と協力関係を結ぶ考えを明らかにした。同社は来週にも入札手続きが始まる見通しも示した。

放射線医学総合研究所(千葉市)と共同で進める重粒子線がん治療装置の発表会で、ヘルスケア事業担当の綱川智副社長が取材に応じた。

綱川氏は売却先について「医療への思いを共有できるパートナーと一緒に組んで日本の技術を世界に広めたい」と述べた。一方、売却先候補や条件などについては「入札が始まってみないと分からない。白紙状態」と話すにとどめた。東芝メディカルを巡ってはソニーや富士フイルムホールディングス、海外ファンドなど複数社が買収の検討に入っている。

同日、発表した新型の重粒子線装置は東芝本体の原子力事業部などで手掛けており売却の対象外だ。綱川氏は「今後とも責任を持って事業を続けていく」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン