/

洗剤のサラヤ、茨城に東日本初の工場 60億円投じ19年末

中堅洗剤メーカーのサラヤ(大阪市)は、2019年末をめどに茨城県北茨城市に新工場を建設すると発表した。投資額は約60億円。食品や食品添加物、医薬部外品などを製造する。感染症対策に対する需要の高まりを受けて防災関連用品などの生産能力を高める。既存工場は西日本に集中しており、東日本に生産拠点を設けることで災害などのリスクを分散する。

18年11月に着工する予定。敷地面積は5万平方メートル、建築面積は1万平方メートルで、100人程度を新たに雇用する。アルコール手指消毒剤やせっけん、洗剤などの生産設備はフル稼働が続いており、新工場の稼働で安定供給を目指す。同社の既存工場は三重県伊賀市と大阪府柏原市にある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン