/

この記事は会員限定です

消えゆくビール安売り 規制強化、リベート減額

[有料会員限定]

国税庁が酒類の安売り規制を強化する動きを受け、今年に入りビール類の店頭価格が上昇している。一部商品では350ミリリットル6缶パックで平均40円値上がりした。法改正により、6月から原価割れで販売した小売店に罰則が科され、メーカーや流通業者が安売りの原資となる販売奨励金の見直しに動いているためだ。最大2割程度の値上がりになるとの声もあり、個人消費に水を差す懸念がある。

東京都小平市のスーパー「いなげや花小金井駅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1531文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン