最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,418.15 -96.70
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,390 -120

[PR]

業績ニュース

ピーチの営業益、過去最高の63億円 17年3月期単独

2017/6/8 20:03
保存
共有
印刷
その他

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが8日発表した2017年3月期の単独決算は、営業利益が前の期比2%増の63億円と過去最高を更新した。国際線が3路線増えたほか、平均搭乗率が85.4%と高水準を維持し、旅客数が513万人と13%増えた。売上高は8%増の517億円。同社は14年3月期に国内LCCで初めて黒字化し、4期連続の増収増益となった。

今後も拡大戦略を取る。17年度中に航空機数を18から20に増やす。現在、国内線12路線、国際線13路線を運航するが、9月に仙台空港を拠点化して札幌や台湾の台北方面の2路線を就航する。18年度には新千歳空港を拠点化して北海道路線を広げる考えだ。

中長期では2020年までに航空機数を40と倍増させ、海外の拠点空港の新設も視野に入れる。2月にANAホールディングスの子会社となり、岡村淳也執行役員は「来年度以降の資金調達で有利な条件を引き出せそう」と相乗効果を見込む。

一方でパイロットや整備士などの人材の確保が課題として残る。14年に機長不足を理由に2000便程度を減便した。LCCの運航が広がり、世界的に専門人材の奪い合いが激化している。

今期の業績予想は明らかにしていないが、岡村執行役員は「路線拡大で売上高は10%程度、営業利益は為替次第だが10%増を目指す」と話す。

(阿曽村雄太)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム