/

ブリヂストン、インドでタイヤ6割増産 5年で335億円投資

ブリヂストンは8日、インドで乗用車用タイヤの生産能力を2022年までに1日当たり4万1000本と現在に比べて6割増やすと発表した。投資額は5年で総額335億円。インドは経済成長に伴い、新車販売台数や自動車保有台数の増加が見込まれる。自動車メーカーに納入する新車装着用や、店頭販売する市販用を増産し、需要増に対応する。

ブリヂストンはインドにプネ工場とインドール工場の2カ所のタイヤ工場を持つ。スズキ子会社でインド首位のマルチ・スズキやトヨタ自動車などを顧客に持つ。2カ所の工場を5年かけて増強するほか、需要拡大が見込まれる多目的スポーツ車(SUV)向けに、大口径タイヤの生産に対応する。現地で約450人の雇用を生み出す。

インドは中間層の拡大で自動車市場が安定して伸長する見通し。スズキが西部グジャラート州の工場を増強するなど大手自動車メーカーが対応を急いでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン