2019年1月21日(月)

三井物産、スペインのゲスタンプに12%出資

2016/9/8 19:21
保存
共有
印刷
その他

三井物産は8日、自動車プレス部品メーカーのゲスタンプ・オートモシオン(スペイン)に出資すると発表した。約470億円を投じ、同社株の12.5%を取得する。世界的に環境規制が強まる中、車体を軽くして燃費を改善する技術力のあるゲスタンプは成長性が高いと判断した。日本やアジアの自動車メーカーと幅広く取引がある三井物産の販路を生かして部品事業を広げる。

新たにつくる特別目的会社を通じて来年3月までに間接出資する。ゲスタンプは20カ国に約100カ所の工場を持つ。主要顧客は欧米の自動車メーカーで年間売上高は8000億円強。加熱した鋼板をプレス加工し、急速に冷やすことで薄くて丈夫な鋼板をつくる「ホットスタンプ」と呼ぶ技術に強い。

鉄に加えアルミ、炭素繊維の加工も手掛ける。このほかに車体の強度を高めたり軽くしたりする構造設計にも強く、自動車メーカーに提案できる技術力を持つ。

三井物産は今後、トヨタ自動車やホンダ、インドのマヒンドラ・アンド・マヒンドラなど関係の深い自動車メーカーとゲスタンプの取引拡大を支援する。ゲスタンプは三井物産の支援を受けることで顧客に加え、鋼板など原料の調達先も広がる可能性がある。自動車メーカーや系列メーカーは車体の設計や部品の製造で、技術力を持つ外部企業を活用する傾向が強まっており、商機が広がると見ている。

三井物産は2013年に約330億円を投じ、米国やブラジルなど4カ国にあるゲスタンプの事業会社に出資した。本体への出資を通じ役員を出して経営に関与を強め、自動車部品事業を展開する地域を世界に広げる。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報