/

三菱電・独ボッシュなど4社、高精度測位サービスの新会社

三菱電機は8日、独ボッシュなど日欧の計4社で高精度測位サービスを提供する合弁会社を立ち上げると発表した。人工衛星などを使って1センチ単位で位置を特定し、自動運転や農業用トラクターの無人制御などを支援する。世界的に測位情報の需要が高まる中、日欧連合で世界展開を目指す。

合弁会社の名称は「サプコルダサービス」で、本社はベルリンに置く。4社の出資比率や事業開始の時期などは現時点で非公表とした。

三菱電機と独ボッシュのほか、カーナビゲーションシステムの受信チップなどを扱うスイスのユーブロックス、測位の補正計算を手掛ける独ゲオプラスプラスが出資する。三菱電機とゲオプラスプラスがシステム開発、ボッシュとユーブロックスが市場の需要分析などを担当する。

高精度な測位情報は自動車の自動運転時の安全走行や3次元地図の作製、IT農業の実現などに貢献する。アジアなど新興国でも需要が広がるとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン