/

この記事は会員限定です

セブン、電動トラックでコンビニに配送 まず首都圏などに

[有料会員限定]

コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンは店舗への商品配送に電動トラックを導入する。従来のディーゼルエンジン車と比べて走行コストを約4割改善できる。人手不足に伴う運転手の人件費上昇で、小売業者は物流費増に直面している。全国に約1万9千店の店舗網を持つセブンが電動トラックを導入することで、小売業による物流改革が加速しそうだ。

導入するのは三菱ふそうトラック・バスが今秋にも量産を始める小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン