三菱重工、客船引き渡しまた延期 損失膨らむ恐れ

2015/12/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱重工業が客船世界最大手、米カーニバル系向けに建造中の大型客船が、12月の納入予定に間に合わない見通しであることが分かった。延期は3度目。これまでの遅れで累計1600億円超の特別損失を計上しており、さらに損失額が膨らむ可能性が高い。年度内の納入を目指すが、度重なる延期で造船分野の中核と位置付ける客船建造事業の信用低下は免れない。

納入が遅れているのは、カーニバル傘下のアイーダ・クルーズ向け大型…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]