/

この記事は会員限定です

日本ワイン、商機熟す日 世界にらみ「質と量」追う

メルシャンやサントリー

[有料会員限定]

ワインの赤と言えば仏ボルドー、白ならブルゴーニュ――。そんな固定観念は通用しなくなる日がくるかもしれない。ワイン製造・販売大手メルシャンが長野県や山梨県で大規模なブドウ畑の開拓に乗り出すなど日本の酒類メーカーが攻勢をかけ始めた。「量」「質」ともに100年遅れと言われる日本のワイン。ボルドー、ブルゴーニュの背中は見えるか……。

山梨県甲州市勝沼。延々と広がるブドウ畑にうずもれるようにシャトー・メルシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1799文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン