/

この記事は会員限定です

缶チューハイ・ハイボール… 育て「次の柱」

ビール各社、夏の需要期に照準

[有料会員限定]

ビール各社が缶入りのチューハイやハイボールで、主力ブランドに次ぐ商品の増産や拡販に乗り出す。キリンビールは7~8月に缶チューハイ「本搾り」を前年比で2割増産する。サントリースピリッツも8月にかけてハイボール商品を同1割増産する。缶入りのチューハイやハイボールは若者や女性を中心に伸びており、各社とも需要の高まる夏場の増産で主力ブランドに次ぐ稼ぎ頭を確立する。

キリンビールは缶チューハイの主力ブランド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1056文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン