/

この記事は会員限定です

伊藤忠、仏の食用油メーカー買収 米などの健康志向に的

[有料会員限定]

伊藤忠商事は食用油メーカーの仏プロヴァンス・ユイル(PH)を買収する。健康によいとされるヒマワリ油などを、伊藤忠が販路を持つ米国やアジアの食品業界に売り込む。健康志向の高まりに加え、米食品医薬品局(FDA)による「トランス脂肪酸」の規制で一部の油の使用が禁止されることもあり、高品質な植物油の需要が高まると判断した。

PHの株式60%超を年内にも取得する。取得額は60億~80億円とみられる。伊藤忠は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン