/

この記事は会員限定です

中印が描く「一気にEV」 ジャガー、ボルボの背中押す

[有料会員限定]

世界の自動車大手の電動車シフトの流れが止まらない。英ジャガー・ランドローバー(JLR)は7日、2020年以降に販売する車はすべて電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)にすると発表。ボルボ・カー(スウェーデン)もJLRと同じ計画を持つ。年間販売台数が100万台に満たないJLRとボルボがそろって戦略転換した背景には、親会社の中国、インド大手による名門ブランドを使った「一気に電動車戦略」もある。

ジャガー、電動シフトにタタ自の影

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン