/

職場全体で禁煙支援 ティーペックがプログラム

企業の従業員向け健康支援サービスを手がけるティーペックは8日、主に中小企業を対象に全社員の禁煙を支援する「集団禁煙プログラム」のサービスを始めると発表した。個人ではなく会社単位での禁煙支援は珍しいという。個人では中断しがちな禁煙に職場を挙げて取り組むことで継続しやすくし、3年をめどに喫煙者ゼロを目指す。健康経営に関心のある企業を対象に数十件の導入を狙う。

これまでの禁煙支援プログラムは個人向けのものが大半で、禁煙外来や電子タバコの活用などの方法がある。ただ、個人の努力に委ねられており忙しくて受診できないといった理由で挫折してしまうことも多い。

今回、同社は企業向けに禁煙を組織的に進められるよう体制・環境整備を支援する。

禁煙成功者への報奨金や有給休暇の付与、禁煙達成部署への評価など、社内規定や制度設計をサポートする。目標期間を設定し定期的に部署ごとの喫煙率や禁煙達成率を開示、成功談などを共有して職場ごとで喫煙率を下げる。

そのほか禁煙の研修への講師派遣やアンケートシステム・禁煙に関する情報の提供、電話相談や専門家によるカウンセリングの提供など継続的に禁煙を後押しする。

料金は、業種や社員の喫煙率によって変わるが、200人規模の企業で月5万~20万円となる見込み。政府は2020年東京五輪・パラリンピックに向け受動喫煙対策を強化するとしており、同社は禁煙支援の需要が高まるとみている。20年までに1億円の売り上げを目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン