独、ディーゼル車の呪縛 無償修理・カルテル疑惑・EV移行

2017/8/12 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 ドイツの自動車産業が危機に直面している。排ガス規制対策の無償修理に加え、中期的には巨額の罰金もありうるカルテル疑惑、長期では電気自動車(EV)への移行と問題が山積みだ。いずれも環境対応の主役と持ち上げてきたディーゼル車がかかわる。独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正が発覚して以来、「ディーゼルの呪縛」が業界を覆っている。

 VWの2017年1~6月の純利益は前年同期比87%増の64億7400万…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22:00
7:00
東北 19日 21:00
19日 21:00
関東 22:00
22:00
東京 22:00
21:50
信越 22:00
22:00
東海 22:00
21:35
北陸 21:30
21:30
関西 18:28
18:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
1:30
九州
沖縄
21:34
21:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報