/

日本ピストンリング、インプラント生産・販売に参入

自動車のエンジン部品を手がける日本ピストンリングは8日、医療関連事業に参入すると発表した。人工歯を取り付ける土台となるインプラント(人工歯根)を生産・販売する。2014年に石福金属興業(東京・千代田)から事業譲渡を受けており「ピストンリング事業で培った金属材料・表面加工技術を生かす」(山本彰社長)。インプラントは栃木工場で生産し、5年後をめどに約20億円の売上高をめざす。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン